鏡ヶ成で二つの山を登山した - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

鏡ヶ成で二つの山を登山した

こんにちは、槙です。

先日、天気が良かったので、鏡ヶ成(かがみがなる)高原で登山してきました。


ツイートに書いたように、登山というほどのものでもないんですが…

これが周辺図。
IMG_4073.jpg
レストハウス横の登山道から、まずは擬宝珠山(ぎぼしやま)を目指して登り、そこから尾根伝いに象山(ぞうやま)へと至るルートです。
鏡ヶ成自体の標高が約915mなので、だいたい200mくらいの標高差があります。

装備は、昨年投入堂を登拝するために買ったトレッキングシューズ、パタゴニアの自転車用ジャケットにTシャツ、ジーンズという、普段着に毛が生えた程度です。あとはリュックに水筒とカメラとタオルを突っ込んで持って行きました。

最初クルマから外に出た時は、寒っ!て感じで、正直失敗したかも?と思いましたが、実際に登り始めたら、すぐに汗をかいて体が熱くなり、一部の区間ではTシャツ一枚で歩いてましたね。

これは登り始めてちょっと行ったところから見た、烏ヶ山(からすがせん)と、
PA250007.jpg

象山。
PA250008.jpg
この日は平地ではすっきりと晴れてましたが、山の方は結構雲が出ていて、陽が差したり陰ったりというのを繰り返していました。
烏ヶ山にはずっと雲がかかっていたみたいですが…


だいたい登り始めて20分で、最初の目的地、擬宝珠山の山頂に到着しました。
この時点でけっこう息が切れてましたね(笑)
IMG_4081.jpg


山頂から南方面を見たところ。
PA250010.jpg
ちらっと見えているのが、蒜山大山スカイライン上にある鬼女台(きめんだい)展望休憩所です。

ちょっとだけ休憩して、象山を目指します。

こちらは右手に見えた山並み。
IMG_4085.jpg
キレイに色づいていました。

IMG_4088.jpg
この付近のブナはだいぶ葉が落ちているようでした。

しばらく行くと開けた場所から象山を望むことができました。
PA250013.jpg
ジグザグに登っていく登山道が見えます。

これは象山に登り始めてちょっと行ったところから、擬宝珠山を振り返った写真。
PA250017.jpg
この時点で1時間くらい経過しています。

先ほどジグザグに見えた登山道の階段。
IMG_4098.jpg
場所によってはけっこうな高さがあり、登るのがしんどかったです。



登り始めて1時間15分かかりました。

象山山頂から鏡ヶ成を見下ろした写真。
PA250019.jpg
レストハウス付近にだけ陽が差しています。

こちらはちょっと下り始めて撮った写真。
PA250024.jpg
この頃は全体的に陽が差してましたね。

下山してきた象山をパシャり。
PA250029.jpg
なんとなく象っぽい?

ぐるっと回ってだいたい2時間弱でした。



510円でお風呂に入り、疲れた筋肉をマッサージしたおかげか、翌日以降、筋肉痛になることはありませんでした! 素晴らしい!


普段、紅葉を楽しむのはもっぱらドライブでしたが、こうやってじっくりと向き合うのも良いもんですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム