カラーボックスフィギュアケース(横型)を作ってみた - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

カラーボックスフィギュアケース(横型)を作ってみた

こんにちは、槙です。

新しくお迎えしたフィギュア用に、フィギュアケースを新たに作りました。
P3250005.jpg
タイトルの通り、カラーボックスを横に倒して、アクリルとLEDテープ照明を追加したものです。

昨日、紹介動画をYouTubeにアップしたのでココにも貼り付けておきます。


動画の中でも喋りましたが、とにかく高演色タイプのLEDテープが良いですね!
今回はYahoo!ショッピングで、¥1,499/mで売っていたものを使用しました。

↓これです。
高品質 高効率 超高演色 Ra90+ 白色 昼光色 ホワイト LEDテープ プロ仕様 正面発光 1m単位で切り売り 高輝度 5050SMD 60個使用 100cm 1000mm LED 発光ダイオード

めっちゃシンプルな梱包で届きましたが、とりあえず今のところ問題はないようです。
この価格で購入できるんなら、かなりお得感ありますね。


製作上のこだわりポイントは二つ。

一つは照明前面に設置した板。

今回は横型のため、LEDテープを通すため、棚板の一部を切り欠きました。ところがその切り欠いた部分に照明が反射して、ちょっと気になったんですね。(矢印部分)
IMG_5415’

ここの目隠しになるようなものが欲しいなぁ、ということで適当なものをホームセンターで探したところ、ちょうど良いものがありました。それが塩ビ製の天井見切り。
断面はこんな感じなので、25mmの部分をカットして使用しました。
mono34602644-100122-02.jpg

それを当ててみたところがこれ。
IMG_5416_20190325165529d74.jpg
ご覧のように奥の光が透けてダメでした。

そこで裏を黒く塗装したバージョンがこちら。
IMG_5417.jpg
バッチリ!

でもここに至るには盛大な失敗が…
IMG_5438.jpg
外で、新聞紙を引いてスプレー缶で塗装したんですが、乾燥中に風でその新聞紙が舞い上がり、位置がずれた結果この有様です。

IMG_5439_20190325172325e6b.jpg
仕方ないので、ペーパーかけて表面の塗装を剥がしました。


もう一つはカラーボックスとアクリルの隙間埋め。

今回は横型にしたせいで、そのままだと隙間が5mmくらいと、流石に何か対処しないといかんほど拡がってしまいました。
そこでダイソーのカラーボードをカットして取り付けようとしたわけですが、上で取り付けた板が干渉して、アクリルがうまくセットできない可能性がありました。
P3240037.jpg
ちょうど上部の板でカラーボードが浮いてしまい、ジョイナーのレール部分まで飛び出てます。

そこで塩ビ板の厚み分だけカラーボードをカットしました!
P3240036.jpg
これ、とりあえずやってみた、って感じなんだけど、思った以上に綺麗にカットできて自分でもビックリです(笑)

再び仮置き。
P3240039.jpg
浮き上がりもなくなりました。

ちょっとずらして角度を変えた画像がこちら。
P3240040.jpg
ピッタリ(*^_^*)


最後に、このカラーボックスフィギュアケース(横型)、照明が良いので簡易的な撮影ブースにもなります!
P3190016.jpg

P3190020.jpg

P3190008.jpg

専門家はもっとこだわってますが、自分の場合、これくらい撮れれば十分ですね。



っていうか、この先には途轍もないいばらの道が続いているので、おいそれと踏み込めないです…
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム