倉吉線廃線跡の魅力 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

倉吉線廃線跡の魅力

こんにちは、槙です。

昨日、倉吉線廃線跡を散策してきました。関金温泉に行くついででしたけど…

一番最初に訪れたのは2017年の秋ですね。
参考:倉吉線廃線跡を歩いてきた

Googleマップのタイムラインによれば、昨年も二度ほど訪れてました。その時にツイートもしてたので参考に。





早春とは言え、まだ3月でしたので広葉樹に葉はまだついておらず、なんとなくもの寂しい雰囲気でした。
P3270008.jpg

そんな中、線路上をゆっくりと歩いてたんですが、ふと樹木の根っこが大変なことになっていることに気づきました。
P3270010.jpg

P3270009.jpg

ご覧のように「むにゅっ」とレールを包み込むようにして成長してたんです!

人工物がただ単に朽ちていくだけでなく、このレールのように文字通り自然に飲み込まれていく様子は、なんかたまらんですな(^^) 悠久の時を感じさせるというか…


倉吉線廃線跡と言えば、レールの間から伸びている竹!というイメージでしたが、竹って成長が早いから悠久って感じでもないんですよね。
P3270014.jpg
もちろんココもイカすビジュアルであることは間違いありませんが!


今回はせっかくなので集落側のレール上も歩いてみました。こちらに来るのは初めてです。
P3270040.jpg
蒜山がキレイでした。

よく見るとこちらでもレールが自然に覆われつつあります。
P3270026.jpg

レールの外から見るとこんな感じ。
P3270027.jpg

上部の葉が紫色になっている野草が群生しています。
P3270028.jpg
帰ってから調べてみたら「ヒメオドリコソウ」という野草だそうです。

こんな風に、春になって育っていく野草に覆われていく様もグッときますね!


今回は数十年単位の根っこ、数年単位の竹、1年単位の野草と、それぞれの成長が人工物である廃線のレールを覆っていく様子が見られて、というか気づけて、大変有意義でした。(*^_^*)


<オマケその1>

竹林側と集落側をつなぐ陸橋跡にサビみたいにオレンジの色がついてました。
P3270021.jpg

P3270022.jpg

けっこう鮮やかなオレンジです。
P3270023.jpg
よく見ると苔みたいです。

帰ってきて調べたところ、おそらく「ツブダイダイゴケ」ではないかと。


<オマケその2>

上の竹林の写真でも上に横倒しになっている竹が写っていましたが、他にも倒れている竹が多くありました。
IMG_5468.jpg

危険防止用のロープも、ポールが倒れそうになってました。
IMG_5469.jpg

おそらくこれから整備されると思うのですが、どこが整備するんだろ?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム