瀬戸内国際芸術祭(豊島)に行ってきた - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

瀬戸内国際芸術祭(豊島)に行ってきた

こんにちは、槙です。

前回のブログを更新してから1週間も経ってしまいましたが、瀬戸芸の振り返りを。
参考:大原美術館&熊谷守一展を鑑賞してきた
参考:瀬戸内国際芸術祭2019(春)に行ってきた

ただ今回の豊島、残念ながら天候に恵まれませんでした…orz

朝から雨が降ったり止んだりで、風も結構強く吹いていました。

当初の計画では16時まで滞在して、全ての作品を鑑賞するつもりでしたが、雨でテンションも下がってしまったので島の南側にある作品はあきらめ、14時のフェリーで岡山へ戻ることにしました。
クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」_から_豊島交流センター_-_Google_マップ
移動は徒歩(片道6.2キロ)。
他の観光客はレンタル自転車で移動している人が多かったかな。

でも徒歩だとこんなのにも遭遇します。
PA030018.jpg
カニ!
この後、側溝に隠れてしまいました。

一番期待していた豊島美術館のあたり。
PA030026.jpg
ちょっと晴れ間も見えますが、ほぼ雲が空を覆っています。
そしてここで衝撃を受けることに!

てくてく歩いて作品を鑑賞しつつ、島キッチンでお昼食べて、12時前には到着したのですが、豊島美術館に入るのに整理券が必要だったんです!
でその整理券をもらったんですが、入場時間は13:45〜と記されています。

えっ、帰りのフェリーの時間14時なんですが…


この時点で「今回の瀬戸芸、豊島の旅は失敗だな…」と感じました。正直…
仕方ないので、豊島美術館はスルーして先に。


でもこの後に訪れた心臓音のアーカイブはとても良かった。
PA030029.jpg
何が良かったって、この浜辺の先にあるのが心臓音のアーカイブの建物なんですが、この浜辺に出るときの体験というか感覚が面白かった!

Googleマップの航空写真で見るとこんな感じ。
Google_マップ
この浜へ出る小道を歩いている間、正面から強い雨風が打ち付けてきてたんですが、それを抜けた後にアーカイブの施設が見えるわけです。
この時に感じた秘境感というか、世界が切り替わった感が面白かった!

RPGでよくあるような、古代文明の遺跡にアプローチする感覚になるというか…

そしてそこで保存しているのは、数万人に及ぶ人間の心臓音なわけです。
(ま、実際にここにサーバーがあるわけではないと思いますが…)

施設の中では、録音された心臓音を光と音で感じることができる空間があったり、数万人の心臓音から任意に選んで聴くことができるPCが設置されています。

せっかくなので私も心臓音を登録することにしました。(登録代¥1,570)
IMG_20191003_123257.jpg
自分が死んだ後でも、生きた証というか生きている証?の心臓音を聴くことができるというのはなかなか面白い感覚ですね。

このブログも自分が死んだ後、どうなることやら…


心臓音のアーカイブの後、バスで港に戻ったらこの天気だったのは悔しい(´;ω;`)

自治公民館のヒアリング予定がなければ、もっと自由に日程を組めたんだけどな…
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム