ファブラボ - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

続 ファブラボでレーザー加工機を使用してみた

こんにちは、槙です。

前回の記事でファブラボの会員になったので早速個人で利用してきました。

今回は事前に加工用のデータを準備していきました。
Macで使えるDraw系フリーソフトを探したらInkscapeというものがあったのでそいつをインストール。

ネットで見つけた梵字の画像をベクター化して事前にメール送信しておきました。

ちなみにこれがベクター化前のピクセル画像です。
image4.jpg

それをベクター化したものがこんなイメージ。
ベクター化した画像はいくら拡大してもエッジがギザギザになりません。
kirik_svg_-_Inkscape.jpg
注:この画像はブログアップ用に再度ピクセル画像にしています

そしてレーザー加工機の操作方法を教わりながら、恐々スタートボタンを押します。
ファブラボ鳥取でカラーボードを加工するのは初めてということだったので、パラメーターを色々試しながら加工しました。


これらは彫刻モードで加工しているのですが、最初に加工した左のやつは出力が強すぎて底まで溶けてしまいましたね。
やっぱりスチロール系であるカラーボードは溶けやすい素材のようです。ちなみに加工スピードはどれも40(%)です。


続いて切断モードの加工を試してみました。
切断する場合は、切断する線を赤にしておく必要があるそうです。

持参したPCで色々と試行錯誤した挙句、ようやくこんな感じのデータができました。
_kirik2_svg_-_Inkscape.jpg
単純に図形の塗りつぶしを止めて、境界線を赤にしただけなのですが、英語メニュー&初めて&マニュアルなしで使うソフトなのでその機能がどのボタンなのかわからないので大変でした。

それで切断(カット)モードで色々と試してみたわけですが…



どうやら加工スピードのパラメーターが重要になっている感じがします。
最初、様子見で(低出力20、高スピード80)で加工したら全く切断に至らず、それならと(中出力50、高スピード80)でやってもまだ切断に至らず… →(高出力70、高スピード80)でなんとか。

せっかくなので低スピードも試してみるかとまずは(中出力50、中スピード50)これでもいけそう、もうちょっと遅めてみるかと(中出力50、低スピード35)で加工したら払いの部分が溶けてしまった…

やっぱり高出力、高スピードが良いのかなぁ?と思っても、別の形状だとこんな感じ(´・_・`)
IMG_6002.jpg
場所によって切断できているところとできていないところがある orz

仕方ないので最後はカッターで切断しました。
IMG_5999.jpg

最適パラメーターを見つけ出すのはなかなか難しいです……


カラーボードの加工も飽きたので、もう一つやりたかった素材であるアクリル板の加工も試してみました。

さて何を加工しようかと思案しましたが、せっかくなのでご当地まちおこしプロジェクト「きみわた」のキャラクターを加工することにしました。
natsumi_fuyu.png
フリー素材なので大っぴらにブログに書けるのも良いですね!

こちらはインストラクターの方に手伝ってもらいながらファブラボにあるIllustratorでデータを作成しました。
日本語メニューは楽チンだね♪


データさえ作ってしまえばあとは機械任せなので、簡単なものです。

これは後でLED組み込んでこんな感じにしようかなぁ〜
IMG_6003.jpgIMG_6006.jpg

と思ってましたが、


こいつも良い感じなのでどうするのが良いか悩みますね〜

後日、カットしたカラーボードを貼り合わせて、それぞれの印象を比較チェック!
IMG_6015.jpg

それぞれどういった場面で使うと効果的になるのか、そういったことを考えるのも結構オツなものです(* ´ ▽ ` *)

ファブラボでレーザー加工機を利用してみた

こんにちは、槙です。

先日「ファブラボでスタンプをつくろう」という講座に参加してきました。
これは倉吉商工会議所が主催している「まちゼミ」という商店街の活性化を目的とした活動の一つです。

「まちゼミ」は、商店主が講師となって、専門知識やプロならではのコツを無料で提供する少人数制のゼミです。お店の特徴・店主のこだわりや人柄を知ってもらい、お客様と信頼関係を築くことを目的としています。

2003年に(愛知県)岡崎市で始まって以来、市民にすっかり定着。その評判から全国に広がってきています。


もう一つ「ファブラボ」なるキーワードもありますが、こちらは fabrication laboratory の略となっていて、パソコンなどで設計したデータで直接加工できるレーザー加工機や3Dプリンタなどを備えた、個人でも利用出来る工房みたいなものです。
自分にとっては「デジタルものづくりができる場所」という感じかな?

倉吉にもファブラボがあることは知っており以前から興味があったので、丁度いい機会だということでワクワクしながら参加しました。
ちなみに他の参加者は全て女性。お子さん連れもいらっしゃって私だけ違和感バリバリ(笑)

場所はお花屋さん「チトのゆび」の2階。
IMG_5272.jpg
ひなビタ♪だと凛のパネルがあるところですね。

ちなみに今回作るのは25mm角のゴム印です。
図案は事前に印刷しておくよう言われていたので、さて何にしようか?と思案した結果、どうせ印にするなら屋号のロゴにしよう!ということでデザインしてみた。
ロゴ
屋号(予定)「槙フィギュア展示研究所」のロゴっぽいものです。



前にこいつを作ってからステンシルフォントが気になってたので、ネットで良さげなフリーフォントをダウンロードして、バランスを考慮して配置してみました。
やっつけで作った割には意外に良い出来で結構満足してます(*^_^*)

こいつをネットワークプリンタで出力、近くのローソンで印刷して持って行きました。

ファブラボでの作業手順としては、

出力した紙をスキャン
→イラストレーターで画像をベクター化
→スタンプ用に図柄を反転
→枠有無の指定
→サイズの修正
→レーザー加工のパラメータを設定
→初期位置決め
→レーザー加工スタート

という感じ。
IMG_5947.jpg
こいつは加工途中の写真です。

加工後、洗浄したものがこちらになります。
IMG_5951.jpg
結構、レーザー加工した横スジが目立ちますねぇ。

別途、加工してあったMDF材のスタンプ土台にゴムを貼り付けて、いざ押印してみます!
IMG_5952.jpg
残念! やっぱり25mmに収めるには画像が細かすぎたようです…
2行目は何の文字が書かれているかもわかりませんね。

ま、もともと「ちょっと無理かな〜」と思いつつデータを作ってたので、悔しくも何ともありませんが…
むしろこれは細かすぎだった、ということがわかりそれはそれで収穫です!

その後、すぐに会員登録をしちゃいました。


とりあえずカラーボードの切り絵風パネルをレーザー加工機で作ってみたい。


こういうやつね!
年のせいか老眼気味でこれ作った時もナイフを入れるときに苦労してたんです…

あと以前コレクションケース作った時についでに買っておいたアクリル板の端材がいっぱいあるんだよねー
そいつらを利用して何か作りたい!

鳥取中部ではファブラボの利用者が少ないのか、稼働してるのが週で日・月の2日しかないのが残念だけど、時間が自由な私にとっては問題ありません!

地震前に申し込んでおいた無料耐震診断もいつになるのかわからない今、当面こっちに注力することにします!
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム