セミリタイア - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

2018トヨタ株主総会

こんにちは、槙です。

一昨日、トヨタ自動車株式会社の第114回定時株主総会に参加してきました。
もはやこのイベントは自分の中で恒例行事になりつつあります。
参考:初めての株主総会@トヨタ
参考:せっかくなので参加しました、トヨタ株主総会
参考:2017トヨタ株主総会

何と言っても株主総会のこの日は駐車場の誘導からホール入場にいたるまで、あらゆるところでトヨタ関係者にかしずかれるので、ものすごく資本家気分を味わえるんですよね〜(^^)


ま、それはさておき今年の株主総会はなかなか興味深い内容でした。
昨年の株主総会では「トヨタ大丈夫か、コレ?」みたいな印象を受けたのですが、今年は「地に足がついたな…」という感じを受けました。

具体的には「日本の未来をトヨタはどのように考えているか?50年後100年後はどうなっていると思うか?」との質問に「バーチャルな部分が増えてくると思う。トヨタで言えばコネクテッドカー。その一方でトヨタはリアル、つまりハードウェアの部分で強みを蓄積してきた。実際にモノを作り、販売してきたリアルがある。そういった部分で将来も日本からあてにされる会社でありたい。」と述べていました。

この回答には正直なところホッとしました。実際トヨタがいまさら人工知能の研究をしたって先行する米企業には追いつけないでしょうしね…
それよりはハードウェアにしっかりと軸足を置き、大儲けはできないなりにも持続的な会社経営をする方がトヨタらしいと私も思います。


他にも「東京五輪のスポンサーになっているが、お金がかかりすぎではないか?トヨタがやる意義はあるのか?」との質問に「ただお金を出すだけのスポンサーではなく、パートナーとして障がいを抱えた方たちへのモビリティを一緒に検討していく。その中でトヨタ社員が障がいのある方の視点で物事を考えることが出来るようになるなど、人材育成となる面をある。」と回答していました。

私も前にこんなことを書きました。
そういう点で、今回政府が打ち出した働き方改革の目玉、副業・兼業解禁はなかなか良いのかもしれません。
別の「空気」に触れることで、別の視座を得ることになるからです。

参考:「失敗の本質」、それはつまるところ日本人の性質

どうやらトヨタ経営陣もこれまでの延長線上にある「良い車作り」だけでは、この100年に一度の大変革期を乗り切ることはできないと考えているようです。


あとは「広瀬工場のデンソー移管、アフリカ事業の豊田通商移管がニュースになったが、トヨタは大丈夫なのか?」という質問には「未来の成長の芽を育てる分野ではグループ全体で取り組んでいく。それぞれの会社にはホーム&アウェイともいうべき本業とそうでない分野がある。アウェイ分野はそれを得意とする会社に集約することでグループ全体の競争力を強化する。」との回答。
そして豊田社長からは「過去・現在・未来の全ての責任は私が取る。仲間を見捨てるようなことは決してしない。どうか見守ってほしい。」という力強い言葉がありました。

(質問、回答内容はすべて私の理解を再構成したものです。実際の意図とはずれている可能性もありますのでご注意願います。)

問題はトヨタ経営陣が抱えている変化の意識を、末端のトヨタ社員どれだけが実感しているかどうか、でしょうね…


ちなみに今年のお土産はジャパンタクシーのミニカーでした。

チェアリングしてみた、これは良いぞ〜♪

こんにちは、槙です。

ちょっと前に知ったチェアリング、実際にやってみたらめっちゃ良かったです (´∀`*)
IMG_2335_20180502192318977.jpg

チェアリングというのは、アウトドア用の折りたたみ椅子を持って、屋外でお酒などを飲んでまったりすること。


この記事とか読んで、無性に自分でもやってみたくなりました。

この日はファブラボの日だったので、翌日に近所でチェアリングに向きそうなところはないかと自転車でうろうろしたわけですよ。


そうしたら人も少なくて一人チェアリングしてもハードル低めな場所を見つけました。
この伯耆国分寺跡・法華寺畑遺跡は史跡として綺麗に整備されているんですが、場所が辺鄙なせいか人がいつも少ないんですよね〜
そして自宅からでもなんとか徒歩圏内。

早速アウトドア用の椅子をAmazonで物色し、この椅子をポチりました。

千円くらいでもっと安いのもあるんですが、ちょうど前期アニメである「ゆるキャン△」しまりんの影響で、このタイプになりました。
同価格帯で同じタイプの椅子も多く販売されていましたが、脚が3段階伸縮調節が役にたつかも?という気がしてこのモデルです。
実際使ってみると、傾斜している地面にも対応できたので正解でしたね〜

そしてポチった翌日の午前10時に上記の椅子が届いたので(早い!)、近くのお店に酒とツマミ、クーラーバッグを買いに行きましたが、ちょうどいいクーラーバッグが見つかりません。

それだったら作っちゃえ!ということでAmazonのダンボールを適当に切って作ったのがコレ。
IMG_2329.jpg
IMG_2330.jpg
IMG_2331.jpg
中身を出し入れするのが面倒でしたが、保冷剤と一緒にパッキングしたら十分機能を果たしてくれました。

今思い返すと、こんな風に準備している時間も楽しかったですねぇ…


そして昼過ぎに自宅を出発して目的地まで向かいました。だいたい歩いて20分だったかな?

到着です!
IMG_2332.jpg
パッキングはこんな感じ。ちょっと椅子が飛び出てますが、特に重くは感じなかったですね。



見上げればこう。
IMG_2334.jpg
木陰がいい雰囲気♪

この時点で気づきましたが、一番重要なのは背もたれですね!
こいつがもたらしてくれるリラックス感が半端ないですわ!


酔いが回ってくると、太陽と雲が作る影が気になったり…
IMG_2337_20180502192320872.jpg

雲が切れて晴れ間が広がると、木々の陰影が一気に増して雰囲気変わるのスペクタクルじゃん!
IMG_2338.jpg
風に揺れる木々の枝も、木の種類によって違うんだな〜 固有振動数どうなってるんだろう?

などと取り止めもないことを考え出すんですが、酔っ払っているせいか、そんなことも楽しいんですね〜♪


結局、椅子の場所を変えながらトータルで3時間ちょっとチェアリングを満喫したんですが、暇つぶし用に持ってきていたミラーレス一眼と3DSを使おうという気分には全くならなかったです。これには驚き。

またお酒とツマミでかかったお金が約700円でしたので、そのコストパフォーマンスたるや圧倒的です。


すごく良かったので、翌日には海へ。


でもお酒がないと、どうしても用事というかすることが必要ですね、私の場合。

それで携帯ゲームの3DSを試してみたんですが、木陰でも液晶画面がよく見えず断念。
文庫本なんかの読書くらいがちょうど良さそう。

今度は家の近くの川沿いで試してみようっと。

配当金の総合課税&住民税申告不要で確定申告完了

こんにちは、槙です。

タイトルの通り、いまセミリタイア界隈で話題の方法で確定申告をしてきました!

ちなみに確定申告の準備は二日前ファブラボにいた時にはじめました。

とっかかりの手順としてはこんな感じ。
⑴マネーフォワードから各月の明細データをダウンロード
⑵Googleスプレッドシートに貼り付けていき、1年分のデータを1ファイルにまとめる
⑶経費扱いのレコードを見つけて勘定科目を入力する
⑷同時に該当する領収書(レシート)に紐付けのためのナンバーを記入して整理、ファイルにも入力する
⑸Amazon購入品やETC料金は領収書をダウンロードし、保管用のフォルダにまとめて管理
⑹ひたすらに⑶〜⑸を繰り返す

上記作業でだいたい5時間くらいかかったでしょうか?
あとは勘定科目でピボットテーブルを作るだけで、経費の集計は一発ですので簡単ですね。

先週のファブラボは久しぶりに利用者も見学者もいない日でしたので、広い机に領収書並べてゆったりと作業ができました(笑)

そして国税庁のサイトで入力を開始、所得税の申告に取り掛かるところではたと思い出しました。なんか確定申告の話題でTwitterのタイムラインが賑わっていたな〜、と。

それで改めて調べてみてわかったことが、タイトルのやり方だとお得になる!ということです。
詳しくはさいもんさんのブログ記事をお読みください。
参考:【超朗報】上場株式等の配当の課税方法、実質見直しで所得税と住民税を別々に分けることができる!【配当生活に追風】

具体的には配当金から源泉徴収されていた税金から12万円ほどが還付されることになりました。だいたい一ヶ月分の生活費です。かなりでかいですね o(^▽^)o


そして今日の午後一番に税務署行って確定申告の書類を提出。その帰りに市役所の税務課に寄って「配当金の申告不要届けをしたいんですが」と窓口の女性に尋ねたわけです。
そしたら確定申告の控えを求められたので、それを手渡したところ、今度は「平成30年度分市民税/県民税申告書」というのを渡されました。
この書類いろいろと記入欄があるのですが、今回申請したい項目は存在しないらしく、結局欄外に直接「配当所得の住民税申告不要」という文言を書いて提出とあいなりました。このあたりは自治体によって違ってきそうですね。


鳥取移住してからは配当金以外の収入はほとんどありませんでしたが、今年はなんとか民泊をオープンさせようと目論んでいます。
そうなるといよいよ青色申告の本領である65万円控除を狙う必要が出てきます。そのためにもいい加減に複式簿記を勉強しないとなぁ…

昨年一年の総支出額は152万円でした!

こんにちは、槙です。
年末らしく、まとめ記事なぞ。


私は約4年前から、マネーフォワード上で日々の家計簿付けや資産管理をしています。
(参考:マネーフォワード 2014-01-29)

なので、その気になれば毎月の数字はすぐ出るのですが、せっかくなので移住後1年を通じた、できるだけ平均化されたデータをブログ記事にしようと考えてました。

ところが実際は移住直後はいろいろと物入りだし、地震はあるしで、ちょっと異常値になっちゃうかもなぁ〜と、移住後1年のタイミングではスルーしたわけですよ。

そんなわけで、今回の集計期間は2016年12月〜2017年11月の1年間のデータをまとめたものです。
不幸にも地震で崩落した我が家の壁は、未だ修理されていない状態なので、異常値らしい異常値は入っていません。

せっかくですので以前にも比較したセミリタイア検討時の支出見込みと並べてみます。
(参考:リタイア後の支出見込み 2013-10-16)
(参考:実家居候中の無職の家計簿 2015-03-10)

費目支出見込み月平均支出
食費26,10043,793
(内酒代)(5,000)(11,137)
耐久財・消耗品20,00014,979
衣服・理容・健康10,0003,466
教養娯楽費5,00011,030
旅行費20,0002,263
交際費-7,638
家賃50,0000
水道・光熱費10,0006,883
通信費10,00015,199
自動車維持費16,70018,089
税・社会保障19,7483,194
187,548126,534

う〜ん、食費が高いですね(^^)
これは自炊をほとんどしておらず、だいたいお昼が外食になっているためです。外食費は月に約23,000円になってます。
酒代は実家居候時(¥16,375)に比べれば安くなってますが、飲む酒がウォッカから焼酎に変わっただけで酒量は減ってないかも…

耐久財・消耗品は実家居候時(¥1,931)に比べれば高くなってますが、それでも見込み額より少ないです。
実は個人事業主としての経費もここに入れているのですが、そもそもそんなにかからないですね。見込み額の算定元になった時はアメリカ赴任でいろいろと買い揃えた家具が入ってたので、そちらが異常値だったのでしょう。

衣服・理容・健康も安いですね〜、ほとんど衣服買ってないからなぁ。
でも月に一度は理容店(¥2,000弱)で髪をカットしてもらってるので、だいたいその金額になります。

教養娯楽費はこんなもんでしょう。フィギュアの購入費用もここに入れてますが、多分今後もこんな感じになると思われます。

旅行は、全然行ってないですねぇ。金額はほとんどが日帰り温泉の入浴代です。

交際費はもともと見込んでませんでしたが、やはりこれくらいかかりそう。たまの飲み会と、自治公民館の会費が年間で12,800円かかってます。

家賃は0になってます。安いけど中古住宅を購入しちゃいましたからね。ちなみに税の方に入れてますが固定資産税はだいたい1万円/年です。

水道・光熱費は思っていたよりも少ないですが、これは今、ほとんど一部屋で生活しているからで、セルフリノベーションが終わって他の部屋でも生活できるようになれば、もっと高くなるでしょう。

通信費は当初、光インターネット回線と携帯電話でauを契約していたため高くなっていますが、格安SIMに切り替えてからは、ほぼ1万円で収まってます。
(参考:格安SIMに切り替えました 2017-05-21)

自動車維持費はやっぱり結構かかりますね。今年は約10万円の車検費用がかかったこともありますが、田舎暮らしでは減らせない費用です。

最後に税・社会保障ですが、びっくりするほど安い(゚д゚)
思わず何か支払い忘れているのではないか?と不安になるレベルですが、配当金収入以外ほとんどないので、いろいろと免除されています。


とまぁ、こんな感じでしたが、独身の田舎暮らしセミリタイアを検討している方がいらっしゃれば、一つのベンチマークとしてお役に立てていただければ幸いです。

それではみなさま、良いお年を!

続きを読む»

祝セミリタイア3周年!そして3年目の心境変化

こんにちは、槙です。

anniversary03.png

11月11日はポッキー&プリッツの日だったりしますが、私にとってはセミリタイア記念日になります。こちらはちょうど3年前に書いた記事。
参考:セミリタイア突入!

セミリタイア直後は、実家居候しながら映画やドラマを視聴&読書のニートな日々を過ごし、2015年度は1年間の職業訓練。
そして2016年には鳥取に移住、職業訓練で得たスキルを活かし、激安で購入した自宅のセルフリノベーションしようと思ってたところに、鳥取県中部地震!

それから約1年が経過しているわけですが、その頃から意識することがあります。
それは「倉吉がイケてる街であって欲しい!」ということです。

私はIターン型の移住なので、100%純粋に私だけの意志で、移住先を決めました。

そうするとですね、その移住先である倉吉の評判が悪かったり、イケてなかったりすると、我が事のように感じてしまうんです。
つまり「自分が移住した街がダメ ≒ その街を選択した自分自身がダメ」こんな風に。

で、そうならないようにいろいろと考えるようになりました。
参考:倉吉まちづくりはこのコンセプトでどうだろう?

そして冨山和彦氏のこの本の影響が以外に大きかったかも…
参考:有名企業からの脱出

ここでは40代が重要な鍵を握ると述べています。50代の価値観におもねるのか、それとも30代の若手に未来を託すのか、40代の判断が責任重大とのこと。

そうなんですよね〜、まさに私がこの40代真っ盛り!
この本読んでから「もうちょっと前向きに活動しようかな」なんて思うようになりました。具体的には「新しい社会に向けた、古い体質の打破」みたいなものでしょうか?

幸いにして私は気楽な独り身ですので、その過程で何かトラブルがあったとしても自分が対処すれば良いだけなので安心です。もしこれが家族連れなんかだと、子供同士の付き合いに影響が出たりして二の足を踏むでしょうが…

そしてちょっとやってみると、自治体も小さいので結構話がしやすかったりします。
そんな訳でファブラボの提案をしたり、デジタルアーカイブの提案をしたりと、あれこれするようになりました。

すぐに結果に結びついている訳ではありませんが、いろいろと顔見知りは増えたかな〜、とは感じていますね。

あと自治公民館活動についても、ちょっと仕掛けていきたいです。同世代のメンバーと話をすると、やっぱりいろいろと問題は感じているみたいですし。
参考:自治公民館活動(自治会)について


さてさてセミリタイア生活4年目はどんな感じになるかな?
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム